ニュース

[追記]愛するペットと一緒に冒険を! ペットシステム登場!!



ペットシステムとは、パーティメンバーとしてトーラムオンラインの世界を一緒に冒険できるシステムです。

育成することでさまざまなスキルを使いこなせるようになり、冒険をサポートしてくれる心強い相棒となるでしょう。

★:ペットを入手しよう!

★:野良モンスターをペットにしてみよう!

★:ペットを捕獲する

★:ペットのステータスについて

★:ペットを育成しよう!

★:ペットを合成しよう!

★:ペットと一緒に冒険の旅へ!

★:マイルームイベントについて

ペットを入手しよう!



ペットを入手するには、以下のような手段があります。

・マイルームに来る野良モンスターにエサを与えて懐かせる(マイルームを所持している場合のみ)。
・フィールド上のモンスターを捕獲する。
・ペットが入ったペットケージを他の冒険者からトレードやマーケットで取引する。

なお、ペットの育成にはマイルーム用の土地を購入しておく必要がありますのでご注意ください。

マイルームの詳細は「こちらのお知らせ」をご確認ください。

一番上に戻る

野良モンスターをペットにしてみよう!



マイルームには時折野良モンスターがやってきます。
これらの野良モンスターはエサを与え、なつき度が一定値以上になるとペットとして育成できるようになります。
野良モンスターでしかペットにすることができないモンスターもいるという噂も……?

一番上に戻る

ペットを捕獲する



ペットを捕獲するためには、ペットが入っていない消費アイテム「ペット用ケージ」(※1)を所持しており、テイマースキル(※2)「テイミング」を習得している必要があります。
それらの条件を満たしたうえで、捕獲可能なモンスターに対してテイミングを使用すると、制限時間が表示されます。
制限時間以内にゲージが最大まで到達すると捕獲は完了となりますが、ゲージが最大まで到達していないと捕獲は失敗となり、一定確率でペットケージを消費してしまいます。

※1 「ペット用ケージ」は街の雑貨屋で購入できます。
※2 テイマースキルは、マップ「ソフィアの街」の図書館でスピナを支払って習得できます。
   テイマースキルレベル1はプレイヤーレベル30から、テイマースキルレベル2はプレイヤーレベル90から習得できます。

ワンポイント:捕獲しやすくするためには?

捕獲したいモンスターを弱らせると、捕獲できる確率がグンと上がります。
攻撃を加えてみたり、状態異常にしてみたりするといいでしょう。

ワンポイント:捕獲したペットはトレード可能!

捕獲したペットは、マイルームに放つ前であれば他のプレイヤーとトレードしたり、マーケットに出品したりできます。
中々ほしい性格やタイプが見つからない場合は、思い切ってほかのプレイヤーから入手してみるのもアリ!

一番上に戻る

ペットのステータスについて



冒険者と同様に、ペットにもそれぞれSTRやINTなどのステータスがあります。
ステータスは、ペットがレベルアップしたときに「ポテンシャル」に沿って自動で増加するほか、ペットがレベルアップによって獲得したステータスポイントを割り振ることで増加していきます。

なお、ステータスポイントは1種類のステータスにつき255まで割り振ることができます。
しかし、最大レベルまで到達していないペットのステータスにポイントを振り分け、最大値の255になった後にレベルアップすると、255以上になる場合があります。

※レベルアップによって1つのステータスが255になった場合、そのステータスにポイントを割り振ることはできません
※ペットのレベル上限やステータスの割り振りによっては、ポテンシャル通りのステータスにならない場合があります

ワンポイント:個体によって性格や行動が異なる!

遠距離攻撃が得意であったり、接近戦闘が得意であったりと、ペットが持つ武器の種類によって攻撃方法が異なります。
また、性格によって攻撃はせず、応急手当などサポートに徹するペットも……?

一番上に戻る

ペットを育成しよう!



ペットはマイルームにて育成することができます。
ステータスを伸ばしたり、スキルの習得が行えます。
各種育成を行うとメニューに応じて教育値が上昇します。
教育値が100%に到達したペットは、一緒に冒険できるようになります。

主な訓練メニューは以下の通りです。

ポテンシャル訓練

ペットのポテンシャル(ステータスの成長傾向)は、トレーニングによって引き上げることができます。
上昇する値は訓練の内容や実行された訓練の成否によって異なります。

スキル訓練

戦闘に役立つさまざまな「スキル」の習得訓練を行います。
スキル習得訓練によってペットは最大3つまでスキルを習得できます。
1つ目のスキルは、習得可能なスキルのなかから1つを選択し、以降は直前に習得したスキルを起点に、習得可能なものの中からランダムでLv1~5のいずれかのレベルで習得していきます。
スキルレベルはペットが戦闘で経験値を獲得したり、スキルを使ったりすることで入手する「スキル経験値」が一定値蓄積されるとレベルアップします。

※スキルの最大レベルは「10」です

ワンポイント:ペットだって疲れるんです!

教育やスキル習得を行うと元気値が低下します。
元気値が最低までダウンすると、それ以上育成できなくなりますのでご注意ください。
元気値は時間の経過やライフポーションを使用することで上げることができます。

一番上に戻る

ペットを合成しよう!


自分のペット同士を掛け合わせ、より強いペットを誕生させることができます。

ペット合成はマイルーム内の、メニュー > ペットの管理 > ペット合成より行えます。

合成するペットを選ぶ


飼育中、または冬眠中のペットから、合成に使用するペット2体を選びます。
自分が飼っているペットであれば、教育途中のペットでも合成に使用できます。

どちらの姿にするかを選ぶ


選んだ2体の内、どちらの外見を残したいかを選びます。
選ばれなかった方のペットはいなくなってしまうので御注意ください。

体の色を選ぶ


合成後の姿に選ばれなかった方のペットから、最大3か所まで色を引き継ぐことができます。

※元のモンスターによっては、色が選択できない場合があります。

引き継ぐ場合は、1か所につき1,000,000スピナが必要です。
3か所継承させたい場合は、合計3,000,000スピナが必要になります。

継承させたいスキルを選ぶ


2体のペットが習得しているスキルの内、それぞれ1つずつを継承させることができます。
継承させたスキルのレベルは、合成元のペットが習得していたスキルレベルで固定されます。

なお、片方のペットのスキルを2つ選んだり、片方の1つだけ選ぶといったことはできません。
継承させたいスキルが無い場合は「スキル未修得」の枠を選択する事で次に進めます。

攻撃/タイプ/性格のどれか一つを選ぶ


先程のスキルは双方のペットから1つずつ選べましたが、攻撃/タイプ/性格は各ペットが備える計6個の内、どれか1つだけを自由に選択できます。
例えば性格を選んだ場合、武器とタイプは双方のペットに備わったどちらかがランダムで決定されます。

結果予測を見て、合成を開始する


継承するスキルや限界レベル等を確認して「合成開始」をタップすると、新たなペットが誕生します。
合成は必ず成功します。
なお、合成が初めてのペット同士の場合は無料で合成が行えます。

※合成回数を重ねたペットを使用したり、色を引き継ぐ場合は、スピナが必要になります。

十分に育てたペット同士を合成していれば、元のペットより高い能力を持った状態で生まれます。
ちなみに、限界レベルは2体のペットの現在のレベルが関係します。
現在のレベルが低いと、合成前のペットより下がってしまうので御注意ください。

名前は元のモンスター名に戻ってしまいますが、無料で名前変更が行えます。

一番上に戻る

ペットと一緒に冒険の旅へ!



教育値が100%になると、パーティに加えることができるようになります。
ペットをパーティに加入させるときは「メニュー」>「コミュニティ」>「パーティ」>「ペットと冒険する」の順でタップしましょう。

一番上に戻る

マイルームイベントについて



マイルームに時間をおいて訪れると、マイルームに放たれているペットを対象に、なつき度とペットのステータスによって素材ポイントや食材ポイントが獲得できる「マイルームイベント」が発生することがあります。

一番上に戻る

注意事項


※ペット所持枠は土地の広さに応じて増えていきます。
 現在の所持枠の上限は「5」ですが、今後のアップデートでさらに土地が拡充できるようになった際、ペットの所持枠の上限も増加します。
※ペットにできるモンスターはアップデートによって増えていきます。

※ペットは、戦闘でペット自身が攻撃したモンスターの経験値のみ獲得できます。
 ペットが攻撃に参加していない戦闘の経験値は獲得できませんのでご注意ください。
※「スキル」は教育メニューの「スキル修行」でのみ習得可能です。
※教育値が100%に達すると、ステータストレーニングやスキル修行といった「教育メニュー」が実行できなくなります。
※臆病や静穏など、一部の性格のペットは攻撃を行わなくても経験値が獲得できる場合があります。
※ペットが戦闘不能になった状態で、ペットが攻撃していたモンスターをプレイヤーが撃破した場合、ペットは当該モンスターからの経験値を獲得できませんのでご注意ください。

一番上に戻る

インフォメーション

© ASOBIMO,Inc. All rights reserved.